「共」に「生」きる。 in 阿蘇

5/29に日本赤軍の重信房子元最高幹部が20年の服役を終え、出所したらしい。

地元の熊本日日新聞にこの本の書評を掲載して頂いたのが2001年だから、当然ですが、ほぼ同じ年月が経ったことに今更ながら気づきました。光陰矢の如し、なんと早いことでしょう。

『夢屋だより』(春号.2022.4/14発行)からの文章です。

●夢屋より皆様へ春のご挨拶をさせていただきます。                   2022.4.19「夢屋」代表 宮本誠一 新緑の香る季節。道路脇を大きなランドセルを背負った新1年生が上学年に手を引かれ登校する姿を見 […]

夢屋だより(早春号・129号)からの文章です。

    夢屋だより(早春号・129号)からの文章です。 〇夢屋から早春のご挨拶をさせていただきます。                        2022.2/2 作業所「夢屋」代表 宮本誠一  1月22日夜中、大きな […]

『夢屋だより』(早春号)のお礼を、神戸で文芸誌『革(KAKU)』を発行されている善野さんから頂きました。ありがとうございました。

『夢屋だより』(早春号)のお礼を、神戸で文芸誌『革(KAKU)』を発行されている善野さんから頂きました。ありがとうございました。 神戸の、「革」の会の善野です。 本日、『夢屋だより』2022・2/10号を頂きました。あり […]

ヒロさんは、今年で二十歳になります。今日もボチボチやっています。小中学校の先生方が、2月5日予定の『母と女性教職員の会』の打ち合わせに来られました。お疲れ様でした。