「共」に「生」きる。 in 阿蘇

阿蘇の噴火ですが、火山灰が吹き上がった時の風向きがかなり影響するため、地域によって微妙に被害も違うようです。

夢屋のある蔵原地区や簡易宿泊所『野菜ty(のなてぃー)』のある黒川地区はこういった感じでした。阿蘇山の灰は粒が細かく、早く洗い落とさないと固まって流れにくくなり、とても厄介な代物です。

パンもしっかりできあがってきています。阿蘇市読書感想文コンクールに応募していただいた作品71編を昨日読み終え、審査会のための準備は整いました。

台風も過ぎ、お日様の光も入ってきました。

大阪女学院大学の副理事長の長谷川洋一さんが訪ねてきてくださいました。ありがとうございました。 

朝顔も咲いて、皆、またぼちぼちやっています。

4 / 512345