「共」に「生」きる。 in 阿蘇

パンくんとサングラスの男が気になりつつも、2008年最後の仕事として、鶏小屋の掃除をしたのでした。

 
サルとくればトリ、かつての十二支さんたちごくろうさん。心をこめて土をいれ、ほじくられた地面をならし、さらさらと乾燥するよう大鋸屑をまいておきました。

神社にかつてそびえていたご神木の横には、今や阿蘇を背負った一匹のサル…、そう、あのパン君がいたのでした。

     
そしてあらわれたのはサングラスをかけたなにやら怪しげな男…。2008年は、その男の影がミヤさんの脳裏に残りつつ、おぼろげな白昼夢のように過ぎていったのでした。

思えば、ほんの一週間前、阿蘇神社の楼門ではお正月の飾り付けがあっていました。

   
いよいよお正月だねえと感慨深げになっていたのが、つい昨日のようです。 

19 / 19« 先頭...101516171819