「共」に「生」きる。 in 阿蘇

パン配達後は、毎日、長老竹原幸範さんのケアで、ご自著『前向きに阿蘇住まい』をいつもご一緒に読ませていただき、懐かしいお話をお聞かせいただいています。ありがたいことです。

IMGP0368 IMGP0371 IMGP0372 IMGP0373IMGP0376

コメントはまだありません

TrackBack URL

コメントをどうぞ