「共」に「生」きる。 in 阿蘇

無題 その2

無題 その2 なぜ包丁を突き刺さなかったんだ ほら、そこにある流しのそれだよ 中学のその時、 思い切ってあと一歩前へ踏み出し 膠のような背中に突き刺してさえいれば 毎日の恐怖や 半世紀もの後の悲劇は生まれなかったのだ リ […]