「共」に「生」きる。 in 阿蘇

常にホイロの中と外の室温の温度と湿度に目を配りながらバランスを考え、仕込みのタイミングを見ていきます。

 

空調機などない中では、経験と勘が頼りです。もちろんクリーム類もすべて手作りでやらせていただいております。