「共」に「生」きる。 in 阿蘇

宿泊所『野菜ty(のなてぃー)』の様子を見てきました。

途中の道路が土砂崩れで塞がり、行きつくまでがかなり大変でしたが、何とか中を確認することができました。片付けはまだしばらく後になりそうです。

日本基督教団錦ケ丘教会川島直道牧師と大津町子どもサポネット小平善行さんが支援品を持ってきて下さいました。

お二人ともご自宅が被災され大変な中、本当にお疲れ様です。夢屋から食パンと拙著『游人たちの歌』を差し上げました。

夢屋の前の土手の草払いと井手掃除をしました。カエルやミミズも元気でした。

マイマイカブリも姿を見せてくれました。ちょっと形が変わってしまった根子岳です。

パンもおいしく焼き上がり、被災したお客様へ一軒一軒、配達していきます。

1 / 41234