「共」に「生」きる。 in 阿蘇

右目の瞼を虫にくわれ痒いながらも、ちょっとりりしいコウキさんでした。

チビトラも日陰でぐっすり休んでいました。

2011・夏号~『夢屋だより』の文章から~

 
                        暑中お見舞い申し上げます。
                                               「夢屋」代表 宮本 誠一
早いもので大震災から …