「共」に「生」きる。 in 阿蘇

タクロウさんも、庭の水撒きをしっかりやってくれました。

      
いつのまにかみんな、自分たちから仕事にとりかかるようになった「夢屋」のメンバーたちでした。

「夢屋」といえばやっぱりこの人、コウキさんの元気な姿から。

コウキさんもミユさんといっしょに、シートなおしをしました。

2009.11/26 夢屋の地、蔵原にも日暮れがやってきました。

じわじわとやってくる冬の夕暮れ……。こうして阿蘇谷も眠りにつくのでした。

コウキさんが食べやすいように、団扇であおいで冷ましておくミユさんにタクさんでした。

   
2人仲良く、しっかり風を送ってくれました。

今日もみんなで協力してパンをつくりました。

   
ケースのショートニングぬりや、天板のかたづけをしていくミユさんにタクさんでした。