「共」に「生」きる。 in 阿蘇

『白ねこと少女』・その1

          白ねこと少女 
      1 やねがわらの上の白いねこ
 絵里は、小学五年生になる女の子です。アパートの二階に住んでいます。まわりには、まだ少したんぼや畑もありますが、少しずつならされ、宅地がふえ …

『白ねこと少女』その2

 2 おばあちゃんが飼っていた白いねこ
 絵里が、小学校へ行かなくなって、一年になります。
 三人が、今のアパートにきて半年がたち、統合された学校や生活に、そろそろなれだしたときです。
 その日、和子は、仕事先の市役所 …

『白ねこと少女』その3

 3 消えてしまった白いねこ
 井手向こうに飛びはねていってからというもの、白いねこは、絵里の目の前にあらわれなくなりました。
 「どうしたのかな」
 絵里は、しばらくの間、なにもいないかわらを眺めては退屈な思いですご …

『白ねこと少女』その4

   4 瞳の奥の白いねこ
 「今日の朝早くだったんだけど」か細い声で、相手はつづけました。
 「おじさんは、ここにいていいの?」
 絵里にとっては、精一杯の言葉でした。
 島さんは、首を横にするだけです。
 唇に天井 …

『白ねこと少女』その5

5 古い写真の中の白いねこ
 風邪がすっかりなおり数日して、島さんと約束した木曜日がやってきました。
 その日、朝から絵里の心は落ち着きません。島さんの家に行った方がいいかどうか悩んでいたからです。行きたい気持ちがもた …

1 / 41234