「共」に「生」きる。 in 阿蘇

『島』・その一

                島
               解逅
 その島に来て彼は、三つの倉庫を見た。
倉庫はそれぞれ独立した形をとりながら海岸べたに打ち寄せられたものかどうなのか定かでない、今まで彼が見たこと …

『島』・そのニ

 傾斜の中でもかなり深めのところを彼が選択し落込んでいったとたん、がらくたの幾つかがかすかに動き出し、黒っぽく穏やかな生き物の気配が走った。
 人間だった。
 相手は浮かぬ顔をしながら、その足元を白いものに覆われた側か …

『島』・その三

               謎
 男に案内されるままに、彼は島の中心寄りにあるという、この島の最近の様子を聞くには最も適人であろう、タケダという男のところへと向かった。
 タケダの存在をこのとき彼は、初めてこの男から …

『島』・その四

 そんなときだった。
 やがて扉が勢いよく開かれた。
 彼は、頂度今、肩口にあるそちらの方を振り返りながら視線を落とした。小さな塊に似たものが動いたかと思うと、すぐに静止した。よく見ると男の子が一人、そこがいつも自分が …

『島』・その五

 
それからの沈黙は長かった。
 彼はこの小屋をひとまず退出するときが来たことをまもなく知った。
 まだ開け放たれたままの窓からは、わずかに湿気を多くふくんだ風が吹いてきていた。彼は会釈ついでに少年の顔をもう一度見た。何 …

1 / 812345...最後 »