「共」に「生」きる。 in 阿蘇

牛の放牧地でつかわれていた『草どまり(材料は阿蘇の原野の牧草です)』も展示されています。

     
夏目漱石の『二百十日』にちなんだ特設コーナーが奥の畳の部屋には、つくられていました。人力車はイベントのとき、有料で乗ることができるそうです。(お問い合わせ先:ASO田園空間博物館まで)  

「障害者用トイレ」も完備され、明るい色彩で、気分もリフレッシュできます。

  
案内表示も、国際的観光地、阿蘇にふさわしく、ハングルと英語でもかかれています。

館内は、もちろんバリアフリーで、阿蘇のスポットのパンフレットや特産品がそろえられています。

  
BGMには、ジャズが流れるときもあり、阿蘇の空気を感じつつ、モダンな感触にも浸れます。

NPO法人 ASO田園空間博物館をご紹介します。

JR阿蘇駅のすぐ正面にあります。現在、周辺は「道の駅」の工事中で、博物館は、今後、観光でこられた方たちの案内役としての核となる施設です。