「共」に「生」きる。 in 阿蘇

小説集『トライトーン』が第48回熊日文学賞の候補作9作品の中の一つに選ばれました。

この賞は、昨年12月から今年11月までに発表された県内在住者の歌集、句集、詩集、小説、評論、ノンフィクションなどが対象です。
選者の方は、
安永蕗子(歌人)
首藤基澄(熊本大名誉教授)
久野啓介(前熊本近代文学館長)

11月27日、菊地恵楓園から宮地小学校へ講演にきていただい関敬さんから、お便りをいただきました。

去る日、ミヤ様にはご多忙の中、宮地小への送迎、ありがとうございました。
おじゃましましてから早いもので、一月になろうとしています。
21日、A先生から、生徒さんからの感想文を送付していただきました。
感謝です。
私の予 …

いよいよ、今年も大づめですね。お世話になった方々へのご挨拶です。

『夢屋だより』の巻頭言です。