「共」に「生」きる。 in 阿蘇

『トライトーン』を担当された熊日情報文化センターのIさん、イラストレーターのAさんが、無事出版できたことを機に、ご挨拶に来てくださいました。

お互いの最近の近況から、教育、音楽、福祉へと話はどんどんすすんでいきました。

これまで材料の配送でお世話になった丸菱のHさんが、ケガから回復され、顔を見せに来てくれました。

Hさんは、『長崎歌謡祭』で優勝した経歴の持ち主です。
もとプロ歌手で、クールファイブの前座などをやっておられた苦労人です。
現在もカラオケ学校で歌唱指導をされています。
一時は半身不随の危険もあったそうですが、ずいぶん …

小国養護学校の『杉の子祭り』で注文をうけたパンをつくりました。10/28(土)

 
パンをとりに来られたI先生と。

猫さん、いつまでもお元気で!! そしてコメントありがとうございました。

実家に帰られるんですね。
人それぞれ形はちがうにせよ、いつかはやってくることなのかもしれませんね。
別れ惜しくはありますが、なんてったってインターネットの良さは遠く離れていても瞬時に情報のやりとりができることにあります。 …

小説集『トライトーン』が、印刷会社からとどきました。製作は熊本日日新聞情報文化センターです

「夢屋」から小説集がでました。

1 / 191234510...最後 »