「共」に「生」きる。 in 阿蘇

游人(あそびと)たちは、目をうつばかりに黄金に実った稲穂の中を、風とともにパンを運んでいきます。

       

今日の配達はどちらへ?

 
中通小です。夢屋にも遊びにきてくれて、ずいぶんお友達も増えました。
 
阿蘇市警察署のUさんと、阿蘇教職員組合のYさんへ。
Uさんは、ミユさん、チーの憧れの人です。

マフィンン   八拾五円

季節ごとに、おいもにしたりカボチャにしたり。
こまかく刻んだ材料にたっぷりの牛乳を染み込ませ、
バターと卵で一気に仕上げたクリームは絶品です。
パンをわったとき、紫や黄色に包まれたあざやかな風味が
草原へ連れ去ってくれま …

ブッフェル   百七拾円

 
月に一度しかつくらない幻のパン。
ドイツ語で『小さな本』
そのカスタードの味わい深いページを
ひとつずつゆっくりと
ひもといていってください。

メロンパン   八拾五円

頭にのせたかわいい帽子。
カッパのお皿、それともちびまる子ちゃん。
その日によって微妙に姿を変え、
食べる人のイメージにやさしく溶け込みます。
レモンの香りもさわやかに
歯ざわり満点のパンです。