「共」に「生」きる。 in 阿蘇

昨日の熊日新聞の散文月評に拙作を批評していただいていました。古江研也教授、ありがとうございました。

損壊と悲観・拡大損壊と悲観・散文月評

コメントはまだありません

TrackBack URL

コメントをどうぞ