「共」に「生」きる。 in 阿蘇

韓国京畿道安城市の韓国社団法人ハンギル学校から理事長を始め職員や関係者の方々15名のご一行が研修を兼ね、見学に来られ、夢屋のメンバーたちも韓国語で挨拶した後、夢屋の生活を話したり歌も披露し、親睦を深めました。

IMGP0148 IMGP0159 IMGP0162 IMGP0168

コメントはまだありません

TrackBack URL

コメントをどうぞ